城陽商工会議所青年部

城陽YEGの活動内容

令和2年度事業計画

地域の健全な発展を図る商工会議所活動を積極的に推進するとともに
その一翼を担い、次代への先導者として責任を自覚し地域経済の発展を支え、
新しい文化的創造をもって、豊かで住みよい郷土づくりに貢献することを
目的とし、その達成の為、次に掲げる事業を実施する。

1.
研修活動に関する事業を実施する

2.
調査研究活動に関する事業を実施する

3.
広報及び意見活動に関する事業を実施する

4.
地域活動に関する事業を実施する

5.
社会一般の福祉に関する事業を実施する

6.
前各号に掲げるものの他、商工会議所の目的を達成する為に
必要な事業を実施する

各委員会

総務委員会

木村 泰久
委員長 木村 泰久
副委員長 森 雄司
理事 東本 光代
担当副会長 村田 昌弥
委員会テーマ Growing Cycle ~YEGでの挑戦が成長の土台を創る~
委員会方針
YEGでのチャレンジが私達自身の成長に繋がります。その過程で得る気づきや人脈が土台となり、更なる高みへ向け新たなチャレンジが出来ます。この成長のサイクルこそYEG活動の最大の魅力と考え、成長の土台を創る委員会活動を行います。会員拡大事業では会員の皆さんにYEG活動の本質やメリットを改めて学んでもらい、成長への気づきを見出してもらえる事業を行います。YEGに所属するメリットをより理解すれば、会員が自発的に城陽YEGの強みを発信するようになり会員数の増加に繋がると考えています。新入会員中心で考え作る卒業式では、先輩方の功績やYEGから得られたヒントを振り返ることで、これから城陽YEGの中心となって活躍する新入会員の気づきとやりがいに繋がる事業にしたいと考えています。
委員会担当事業
  • ・会員拡大事業
  • ・卒業式
  • ・eスポーツ実行委員会への出向
委員長から一言
メンバー全員が手を取り合い自発的に活動できるような、風通しの良い委員会を共に創りあげたいと思っています。また、会務運営を通して自企業の成長につながる考え方や手法も開拓したいと考えています。新しい事にも積極的に挑戦しつつ、情熱を持って楽しくやっていきましょう!よろしくお願いいたします!

交流委員会

田畑 成基
委員長 田畑 成基
副委員長 天野 伸也
理事 望月 健太
担当副会長 大志万 智子
委員会テーマ 「好循環」
委員会方針
交流委員会では、この数年、城陽YEGが継続してきた地域との繋がりや、地域への想いを引継ぎ、新しい一歩を踏み出したいと考えています。交流委員会が担う、地域交流事業は、地域の方々と交流を図る事業ですが、まずは、委員会での交流を充実させ、城陽YEG全体の繋がりを深めていきたいと思います。そして、城陽YEG一丸となって地域を巻き込んで、交流の輪を広げていきたいと思います。まずは自分達から良い流れをつくり、好循環を実感できる一年間にしていきます。
委員会担当事業
  • ・地域交流事業
  • ・会員交流事業(新年例会)
委員長から一言
良い当日を迎えるためには、その準備段階から、多くの会員の方に関わってもらうことが重要だと考えます。異業種団体の我々が、常に皆の時間を合わせて行動することが難しい中、どのようにすれば事業に参加してもらえるかを意識して、メリハリをつけて委員会運営に取り組んでいきたいと思っております。一年間よろしくお願いします。

提言委員会

秋田 朋德
委員長 秋田 朋德
副委員長 澤井 佳彦
理事 平松 亮
担当副会長 青山 旦春
委員会テーマ
まちへの想いを一つに、みんなが繋がる提言を!
委員会方針
城陽YEGは過去2回、城陽市への提言を行うことにより、青年経済人としての視点による提言が期待されていると感じます。提言委員会では、さらに行政(城陽市)との意見交換の機会を増やし、課題抽出や情報の共有を深め、行政への提言に拍車をかけます。城陽YEGが提言事業をすることで、城陽を活気あふれるまちであり続けるようにする。そのことにより、自企業の発展・家族の繁栄につなげます。
委員会担当事業
  • ・提言事業
  • ・風会議
委員長から一言
「提言」ということばを難しく捉えず、みんなで一緒に和して、まちの課題や情報を共有しさまざまな青年経済人としての視点から未来のまちづくりの充実のためにアイデアを出し合える雰囲気づくりをしていきたいと思います。そのためにも、委員会メンバーの各事業内容や得意分野への相互理解を深め、コミュニケーションの工夫と努力を重ね、そこから生まれる結束により課題解決のためのさまざまなアイデアの創出につなげていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

研鑽委員会

阿部 智昭
委員長 阿部 智昭
副委員長 奥田 英貴
理事 山中 博樹
担当副会長 南 宏
委員会テーマ 繋がり
委員会方針
城陽YEGメンバーは様々な職種の集まりです。その城陽YEGの繋がりの中で異業種のメンバーの異なる視点、価値観、考え方に気づき学ぶことで新しい発見や発想が生まれ自身を研鑽させ、自企業を発展させると考えます。
研鑽委員会では、繋がりによる気づきと学びを発見するきっかけとなる事業を行うことで、城陽YEGメンバーに有益な研鑽の場を企画していきます。
委員会担当事業
  • ・研修事業(年2回)
委員長から一言
委員長として私自身がまずは探求心を持ち、繋がりの大切さをメンバーである皆さんと共に気づき学びながら研鑽し、皆さんと共に城陽YEGらしい事業にしていけたらと思います。
よろしくお願いいたします。
page top